部分脱毛って、そもそもどうやってやるの?

脱毛の方法は大きく2種類ある!

部分脱毛の方法は大きく分けて2つあります。脱毛するためには、美容クリニックなどの医療機関かエステティックサロンのどちらかを利用することになりますが、実はこの二つでは、脱毛の方法が違っているのです。美容クリニックなどの医療機関ではレーザー脱毛が行われます。一方エステで行われるのは光脱毛です。どちらも黒い色に反応する光を利用して照射することで、脱毛効果を得るシステムになっています。医療機関で行う部分脱毛では、狭い範囲をブロック分けし、単一の波長のレーザーを当てることで施術を行います。この時、範囲を明確にするため、消えるペンなどでラインや印を書かれることがあります。エステでは、比較的広い範囲に複数の波長の光を照射する方法が採られますが、印を付けられる事があるのは同じです。

部分脱毛の流れとは?

脱毛部分を明確にしたら、いよいよ施術です。使うマシンによっては施術前にジェルなどを塗布されることもあります。レーザー脱毛は出力が強いという特徴があり、部分差や個人差はありますが強い痛みを伴うことがあるでしょう。光脱毛は比較的出力が弱めなので、ほとんど痛みはありません。どちらの場合も肌に負担がかかる事は同じなので、脱毛後はローションなどを使ってスキンケアとクールダウンをしてもらう事になります。美肌のことを考えてくれる所であれば、脱毛後のアフターケアにもきちんと配慮してくれることでしょう。自宅に帰った後もクールダウンは必要です。赤みや熱が引いてきたら、保湿など充分なケアをしておきましょう。脱毛は毛周期に合わせて数回に分けて行われるのが通例です。一度で完了することは無いと考えて良く、複数回通う必要がある事を知っておきましょう。

文字通り、身体全身を脱毛することを全身脱毛といいます。脇や膝下、肘下のような脱毛で人気の高い箇所を含む、顔面やうなじ、VIOのような隅々まで行う脱毛のことです。